「個人へのパワーシフト」が進む時代の未来予測:メガトレンドは何をもたらすのか?

先日筆者は「個人が信用によって資本をレバレッジさせる時代:評価経済に訪れる新たな闘争」という記事を書き、多くの人に感心を持ってもらいました。 記事の内容は、個人の「信頼」が新たな資本の一部となり、それがテクノロジーによっ… 続きを読む 「個人へのパワーシフト」が進む時代の未来予測:メガトレンドは何をもたらすのか?

Wantedlyによる「写真を無断利用」の論理について:インターネットにおける画像引用

すでに話題になっていますが、ウォンテッドリー社が「画像の無断使用はやめていただきたい」として、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて、Google・Twitterに同社を批判したブロク記事の削除を申し立てました… 続きを読む Wantedlyによる「写真を無断利用」の論理について:インターネットにおける画像引用

人はなぜ、非合理的であるにもかかわらず投票に行くのか?

明日は、参議院選の投票日です。 ネットメディアでも、「選挙に行こう!」という呼びかけをよく見かけるようになりましたが、その中でBuzzFeedが出していた「【参院選】選挙にいかない若者はバカですか?政治学者に聞いてみた」… 続きを読む 人はなぜ、非合理的であるにもかかわらず投票に行くのか?

「シルバーデモクラシー(民主主義)」論の誤謬と危険性

これまでに何度も現れ、そして消えていった「シルバーデモクラシー」論が、Brexit(イギリスのEU離脱)に伴って再燃しています。 「シルバーデモクラシー」論は、主にインターネットにおける著名人を中心として、しばしば散見さ… 続きを読む 「シルバーデモクラシー(民主主義)」論の誤謬と危険性

「移民に実生活で被害を被っている人=反EU」という言説の危険性

今回のイギリスによるEU離脱にあわせて、「なぜイギリスは(今後、経済的な課題が予想されるのに)離脱派に傾いたのか?」という問いについて、様々な解釈が生まれてきています。 そんな中、「イギリスがEU離脱した理由」という記事… 続きを読む 「移民に実生活で被害を被っている人=反EU」という言説の危険性

ピーター・ティールがドナルド・トランプを支持することは驚くべきことではない

Facebookの初期投資家であり、Founders Fundのマネージング・パートナーやPlantirのCo-founderなどを務めるピーター・ティール。彼が、米・共和党の大統領候補であるドナルド・トランプを支持する… 続きを読む ピーター・ティールがドナルド・トランプを支持することは驚くべきことではない

Facebook、レバノンのテロで安否確認をしないことへの批判を認める:社会とメディアの役割について

本誌で先ほど、「日本のメディアがパリの事件をきちんと伝えていない」という批判に関する記事を掲載しましたが、個人的には、メディアと社会の関係について、こうした批判とは異なる視点で考える必要があると考えています。 その1つが… 続きを読む Facebook、レバノンのテロで安否確認をしないことへの批判を認める:社会とメディアの役割について

Editor’s noteを開始します:テクストと作者、あるいは立体的なメディアについて

MEDIA HACKにおいて新たに「Editor’s note」というコーナーを開始することにします。メディアに関する備忘録的な話題から、全く関係のないように見えるトピックまで、幅広く書いていくブログのような位置付けです… 続きを読む Editor’s noteを開始します:テクストと作者、あるいは立体的なメディアについて